賢い頭皮のシャンプー攻略実用書

すぐ使える情報を多数配信!頭皮のシャンプーについての情報ページになります。

頭皮を健やかにするシャンプーの使い方

スカルプケア用のシャンプーは、成分も大切ですが洗い方も重要です。ぬるま湯でゆっくりと洗うと毛穴が開き、汚れを落としやすくなります。次に手の平にシャンプーを取って泡立ててから髪につけましょう。シャンプーを原液のままつけると十分に流したつもりでも皮膚に残ると言われているからです。指の腹でマッサージするように頭皮を洗うだけで、髪はゴシゴシとこする様に洗う必要はありません。最後に、髪を洗った時間の2倍以上の時間をかけてすすぎ残しがない様に流しましょう。清潔なタオルでポンポンとたたくようにしてからすぐにドライヤーで乾燥させるのもコツです。髪や頭皮が濡れたままで自然乾燥させると、雑菌が繁殖して抜け毛の原因になると言われているからです。育毛剤やスカルプ美容液を使うなら、タオルドライの後か髪を乾かしてからつけるのがお勧めのタイイングです。

頭皮によいシャンプーとは

シャンプーには、高級アルコール系・石けん系・アミノ酸系のものがありますが、頭皮にトラブルがある場合や薄毛が気になる場合は、肌に優しいアミノ酸系を選ぶと比較的安心だと言えるでしょう。高級アルコール系のものは、安価で洗浄力も高いため、特にトラブルがない場合は便利だと言えますが、人によっては刺激が強すぎる場合があります。ただし皮脂分泌が多いオイリー肌の場合は、皮脂による毛穴の詰まりを解消するために洗浄力の強い高級アルコール系のものを使用したほうがよい場合もあります。石けん系のものは、頭皮がベタついたり、髪にハリがない場合に向いていますが、正しい使い方をしないと髪がごわついてしまうこともあります。そしてアミノ酸系のものは、比較的値段が高くなりますが、肌に優しい天然由来のアミノ酸で作られているため、頭皮への刺激を抑えることができます。

頭皮とのシャンプー相性

髪の毛がサラサラに仕上がるので気に入った、香りが良いなど洗っている最中や洗い上がりの髪の毛の仕上がりなどで商品を選んでしまう事も多いです。しかし、シャンプーで最も大切な事は頭皮の汚れをしっかりと落とすという事です。とても洗い上がりが良く頭皮もクレンジングされて相性のいいシャンプーに出会えた事があり、ドラッグストアで詰替えサイズが安売りしていた時にたくさんストックを購入したのですが、季節が変わりカラ-リングなどを行ったせいか頭皮の状態が変化してきてしまいました。今迄はかゆみを感じる事などほとんどなかったのですが、状態が変化してからはしっかりマッサージして洗った直後でもどこか洗い足りないようなかゆみを感じるようになりました。ストックをたくさん購入してしまったので、もったいないという感覚になり商品を変更する勇気がでないのですが、このままでは頭皮に悪い影響を与えないか心配なのでどこかで、商品を変更してみようかと検討しています。気に入った商品でも欲張って先に購入すべきではないと勉強になりました。